space_.png

司法書士が教える!【事務所選びで失敗しない8つのポイント】

青い空ビル.jpg テレビCMや電車内の広告でおなじみの大手事務所から、当事務所のような個人事務所まで、任意整理や個人再生などの債務整理を取り扱う事務所は数多くあります。

 

 そんな中からお客さまが依頼するたった一つの事務所を決めるのは至難の業です。

 

事務所選びに失敗しないよう、8つのポイントを以下でお話します。

 

1 事務所が通える範囲にあるか

  任意整理や個人再生など債務整理を進めるには、相談や打ち合わせに通常何度かその事務所に通うことになります。


お客さまが通える範囲の事務所をお選び下さい。

 

裁判手続きを利用する場合は、お客様の住所地の裁判所が管轄になることがあります。

交通費の負担の面からもあまり遠くない事務所がいいのではないでしょうか。

 

 日本司法書士会連合会が定める指針によれば、直接面談が原則です。 

「来なくていい。電話だけでよい。」という事務所は避けた方が無難かもしれません。

 

2 最初の面談から解決まで認定司法書士が対応してくれるか

 資格者が出てくるのは最初のあいさつだけで、その後は、事務局という肩書きの
事務員さんが対応するという事務所もあるようです。

 

大手事務所の中には分業化が進んでいて、任意整理の担当者は個人再生についてはあまり詳しくない、といったこともあるようです。


自分の一生がかかった大切なお手続きです。

きちんと資格者が担当してくれる事務所に依頼するようにしましょう。 

3 話しやすいか

 資格者が対応してくれるといっても、えらそうだったり、横柄な態をとられると、手続きが苦痛になってしまいます。

 

借金があることだけでも苦痛なのに、専門家に説教までされると苦痛の種が増えるだけです。

 

任意整理や個人再生などの債務整理は、解決まで長期間にわたり、その事務所と付き合うことになるでしょうから、自分の悩みや苦しみ、不安なことを話せる事務所がよいでしょう。

  判断の基準としては「私のちょっとした雑談をこの先生は聞いてくれるだろうか?」と想像してみて下さい。

その先生にスルーされそうでしたら、その事務所は自らスルーしておいた方が無難です。

 多少の雑談もできない相手に、自分の話したくない悩みは相談できません。

 

4 費用はどうか

司法書士費用や弁護士費用は自由化されていますので、事務所によって差があります。

また、たとえ見かけ上の費用が安くても、きちんと交渉してくれなければ、依頼者様の総支払い額が多くなることもあります。

費用はとても大切な判断項目です。

聞きづらいかもしれませんが、不明な点はしっかり確認しましょう。

 

注意する3つのポイントは

 費用が公開されているか


どんなに親切で、手続きもきちんとしてくれる事務所でも、費用がわからないと依頼しにくいものです。

ホームーページなどで情報をきちんと公開している事務所の方が依頼しやすいでしょう。

 

 減額報酬がかからないか
 
 減額報酬・・・法律で認められた利息(法定利息)で計算し直すことにより減った金額に対してかかる報酬。
 現在、法定利息で計算しなおすことに対して異議をとなえる債権者はほとんどいません。

 

債務整理前は50万円の借金があったが、法律で認められた利息で計算し直すと0円になった場合で考えましょう。

A事務所は着手金が1社につき1万円、減額報酬10%です。
 → 1万円+減額報酬が5万円なので費用は6万円になります。

B事務所は着手金が1社につき3万円ですが、減額報酬はありません。
 → 着手金だけですので費用は3万円で済みます。

 

 

 債権者と和解するときは今後の利息(将来利息)がかからないように交渉してくれるかどうか。

 

50万円の借金が残り、36回払いで返済することになった場合で考えます。

A事務所は着手金が1社につき1万円ですが債権者のいうとおり将来利息を15%付けて和解しました。
 → 1万円+元本返済50万円+利息が12万円程度かかりますので、総支払額は63万円になります。

 

B事務所は着手金が1社につき3万円ですが、粘り強く交渉し将来利息は無しで和解できました。
 → 3万円+元本返済50万円+利息0円ですので、総支払額は53万円になります。

 

※認定司法書士や弁護士が粘り強く交渉しても債権者によっては将来利息を付けないと和解出来ないケースもあります。


大切なのは将来利息を0もしくはできるだけに0に近いところまできちんと債権者と交渉してくれる事務所かどうかをHPや面談時の対応をみて依頼者様が感じ取ることです。


過払い金が発生しなさそうだとわかったとたん、対応が豹変するような事務所は避けた方が無難だと思われます。

 

 

5 業者と馴れ合いになってないか

例えば過払い請求の場合、最近は裁判を起こさないと満額の回収は厳しくなってきました。


私どもも複数の貸金業者から「協力事務所になってくれたら、裁判しなくても、電話かFAXで請求いただくだけで過払い金を返還します。ただし、返金額は、こちら(業者)が考える過払い金の6です。」という打診をうけることがあります。

 

当然私どもはお断りしましたが、業者によれば、取り扱い件数の多い事務所の中には業務効率化の観点から貸金業者の協力事務所になっているところがあるとのことです。

 

過払い金はお客さまがコツコツ返済した大切なお金です。

 

専門家が手を抜いて勝手に減額されたのでは困ります。問い合わせの際には、「過払い金があった場合は、訴訟してきちんと取り戻してくれますか?」と確認するのがいいでしょう。

 

※インターネットや広告、タウンページから得られる情報には限りがあります。
 また、お客さまとの相性もあります。債務整理の相談には費用がかからない
 事務所がたくさんあるでしょうから、いくつかの事務所に相談してみて
 その中で一番信頼できる事務所に依頼するのがいいでしょう。

 ただ、あまりに多くの事務所に相談するのは、時間と精神的な面からも大変でしょうから、2〜3の事務所に絞ったほうがいいかもしれません。 

6 顔出ししているか

きれいなホームページ。

タレントさんがニッコリ微笑んで、「ご相談をお待ちしています」と見つめています。

制作にとてもお金がかかっていそうです。

 

で、あなたの担当してくれる専門家は誰ですか?

おそらくタレントさんは担当してくれないでしょう。

 

少なくとも、担当者の顔がホームページ上にアップされている事務所のほうが安心です。

美男や美女でなくても構いません。

あなたの悩みをきちんと聞いてくれそうな顔をしているか、で判断下さい。

 

 

 

7 『お客様の声』を掲載しているか

いくらホームページ上の文章を読み比べたところで、うかがい知れることには限りがあります。

そこで参考になるのが、『お客様の声』です。

百聞は一見にしかず、と言います。

任意整理や個人再生など債務整理により、実際に解決された方の意見には重みがあります。

どんなにいいライターがいても、依頼者様が書く内容はコントロールできないからです。

 

お客様の声を読んで、「自分もこんな感想を書きたい!」と思われた事務所があなたと相性の良い事務所かもしれません。

『お客様の声』にはぜひ目を通されることをおすすめ致します。

 

当事務所のお客様の声はこちら

 

事務所へのアクセス

 南森町駅 150 200 m.jpg
地下鉄南森町駅1番出口を右(西)に徒歩2分。

2015-1-11 阪神高速 150 200.jpg

阪神高速の高架をくぐり、

2015-01-11 南森町パークビル 150 200.jpg
右手に見える1階がモスバーガーのビルの3階です。

 

 


 当事務所を利用されたお客様の声はこちら

 
 

ご相談予約はこちら
借金の消滅時効援用や債務整理については、お気軽に面談予約をお取り下さい。

012 180 227.jpg06-6311-5150

受付時間 : 平日 9:30〜18:00
担当 : 司法書士 西村(にしむら)

相談予約フォームからの面談予約は24時間受け付けております。
翌営業日中にお返事しております。

 【相談予約フォーム】はこちら


▲このページのトップに戻る